電子卓上メモ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日、私の自宅に1個の小包が届いた。2019年4月末まで有効の「auSTAR長期優待ポイント」を「Wow!スーパーポイント」に交換して引き換えたものである。

「Wow!スーパーポイント」3000Pt分と引き換えられた。

メモを取ることが多いが、かさばったり紙が無駄になってしまうと感じていたため注文した、KINGJIMより発売されている、「電子メモ「マメモ」TM1」だ。

 

「卓上メモ「マメモ」TM1/ビビッドオレンジ」

 見た目は卓上メモそのままに、書くところが液晶になっている。付属の専用タッチペンで書くことが出来る。言語モードに「日本語/英語」、電源に必要となる単四のアルカリ電池若しくはエネループの電池設定をすれば使える。電池だけで動かせるのでケーブルやアダプタは不要。

99枚まで記録することが可能。

 試しに「はやぶさ学習帳」と書いてみた。個人的には「太字のコントラストを強め」にすると見やすくて良いと感じるが、好みに合わせて変えていくと良いだろう。

設定画面。「時刻」「太字/細字」「コントラスト」「全てのメモ一括削除」が設定可能。 

 To-Do設定を使えば目覚まし時計とは違う時間にアラームを掛けることが可能。メモに付けることができる。 操作しないで約30秒放置すると自動で電源がOFFになるので電池の無駄遣いを防げる。再度起動するときはタッチするだけなので余計なストレスも感じない。

To-Do設定。指定の時刻・時間にアラームを掛けることが可能。

 他にも書いた時間を記録できるタイムスタンプを押せたりするのだが、「消しゴム機能がない」ので部分的に修正することが出来ない点については注意。二重線で消して上に書くなどして対応するか、1度削除してやり直すしかない。

 とはいえ、最大99枚のメモを気軽に取って不要になったら削除することが出来る「マメモ」。リビングの近くに置いて テレビ番組で懸賞応募の電話番号やキーワードが出てくるときにスマートフォンのメモ機能よりも早く呼び出すことが出来るので見逃さずに書き留める等して活用していこうと考えている。

2019-05-02 | カテゴリー : 生活 | 投稿者 : 隼レイカ